レクサプロにもあるジェネリック医薬品

私はうつ症状のため、心療内科でパキシルという精神安定剤を処方されました。
精神安定剤としては非常に有名な薬ですが、便秘などの副作用が出やすく、立ちくらみをすることもあって、私にはあまり合わなかったように思います。
また、服用しているときは、気分が落ち着く感じがするものの、飲まないととたんに不安が大きくなります。
これは離脱症状と言って、薬が切れたことによる急激な発作のようなものです。
私は医師の処方を守らず、気分によって飲んだり飲まなかったりしがちだったので、家族には薬を飲む前より、情緒不安定になったと心配されてものです。
そんなとき、離脱症状が出にくいとされるレクサプロという薬の存在を知りました。
自分なりに、うつを治したいとインターネットを検索していて知ったのです。
さらに海外通販サイトでは、そのジェネリック医薬品であるシタロプラムを発見したのです。
心療内科では保険が利きますが、通販では適用されません。
そのため、少しでも安いほうが嬉しいと思い、リーズナブルなジェネリック医薬品のシタロプラムを購入してみることにしたのです。
脳をリラックスさせるセロトニン濃度を上昇させる働きが高いうえ、余計な部分に働きかけず、副作用も少ないとのことです。
少し不安になりつつ、飲んでみましたが、以前のような便秘やフラフラした感じはありませんでした。
もっとも、やはり気分によって飲んだり飲まなかったりしてしまったのですが、大きな気持ちの揺れがなく、比較的落ち着いて過ごせました。
上手く付き合っていけそうな薬です。