ストレスとの上手な付き合い方

人は毎日生活をするうえで、何かしらのストレスを抱えて生きていかなければなりません。
たとえば熱かったり、寒かったりする外気や、試験の前の緊張感、仕事中の上司によるプレッシャー、育児中の子供の癇癪、病的なものや悩みごとなど、挙げればきりがないことでしょう。
こうした緊張感のある圧迫した状態は人間が生きていくためには必要なものでもあります。
本来、人間も動物と同様、敵から身を守るためには、身体を緊張させ敵から素早く身を守る必要がありました。
しかし現代社会では、過度に緊張状態が続いてしまうと、さまざまな弊害があります。
緊張状態や気持ちなどが強く長期にわたって感じるようになると、不安感が増し、精神状態が悪化したり、健康状態を害してしまう恐れさえもあるのです。
物理的な要因には、気温や、音などがあります。
社会的な要因には、環境や、経済情勢、人間関係などがあるでしょう。
また緊張や圧迫した状態が続くことによって、気持ちが不安定になり、イライラしたり焦りを感じたり、寂しさや憎しみ、怒りなどを感じる方や、悩んでいる状態が長期化することもあります。
身体の変化としては、疲労感が続いたり、眠れなくなったり、うつ病になったりすることもあるでしょう。
しかしこうしたストレスは悪いことばかりではありません。
たとえば、ある程度の緊張感を持つことによって、物事に集中することができます。
試合前の緊迫した気持ちや、試験中に問題に真剣に取り組んだりすることによって、普段以上の実力を発揮させることもできるのです。